ショッピング枠現金化個人情報保護

ショッピング枠現金化の申込時に、個人情報を入力します。利用者にとってはこれらの個人情報が、第三者に流出・漏洩していないかどうかは気になる所です。クレジットカードの個人情報はカード会社が厳重に保管・管理しているので、カードの不正利用はすぐに発覚します。

ショッピング枠現金化の申込に個人情報は本当に必要?

ショッピング枠現金化 個人情報保護

キャッシュバック型のショッピング枠現金化のほとんどは無店舗であり、WEB上ですべての申込手続きが完了します。これはキャッシュバック型のメリットでもありデメリットでもあります。お金と言う重大なものを扱うのに、相手の顔も素性も分からないのは不安だと思います。特に不安なのが、現金化業者に個人情報を知られてしまって本当に大丈夫なのかと言う事です。

 

申込フォームには住所・氏名・電話番号などを入力して業者宛に送信します。この時点では仮申込なので、本人確認をして本申込が完了します。現金化業者によってはさらに細かい情報(職業・年齢・生年月日・年収・お金の使い道等)を聞いて来る場合もあるみたいです。本人確認はクレジットカードが本人名義のものかどうかを確認する意味があります。もし他人名義のカードであれば、利用する事は出来ません。また、細かい情報を聞かれるのは、現金化業者が市場調査をしていると思われます。

 

現金化業者は利用者にDMを送ったりする事は滅多にないですが、もし個人情報を教えるのが嫌ならはっきりと嫌と言えば、それ以上聞く事は出来ないのです。ショッピング枠現金化においてカードの個人情報(クレジットカード番号・セキュリティコード・暗証番号等)について根掘り葉掘り聞いてくるのは、かなり慎重になる必要があります。特にセキュリティコードや暗証番号は、通常の通販する場合でもまず聞かれる事は無いので、聞かれても答えない方が無難です。

個人情報の法的な問題について

ショッピング枠現金化 個人情報保護法

ショッピング枠現金化の申込手続きの際、個人情報を現金化業者に伝える必要があります。そこで問題になって来るのが、その個人情報を利用して他人に成りすまして買い物したり、闇金業者に名簿を売られたりして、思わぬトラブルに巻き込まれないかどうかと言う事です。以上の事に関して法的な切り口で疑問に回答して行こうと思います。

@クレジットカード番号を聞き出して不正に買い物は出来る?
クレジットカード番号と住所・氏名が分かれば、他人に成りすまして買い物が出来るのでしょうか。理論上は買い物出来ますが、その点に関してはカード会社が目を光らせているので、少しでも不審な点があれば即座にカード利用停止になります。また会員登録が必要な通販サイトでは、既にアカウント取得していれば、まず成りすましでの買い物は出来ません。法的には詐欺罪が適用されます。

 

A個人情報を名簿屋等に売る事は可能?
「個人情報保護法」では利用者本人の同意や許可なく(一部例外あり)個人情報を販売する事を禁止しています。もし、現金化業者が本人に黙って勝手に個人情報を名簿屋に販売したら法律違反になります。それでは、ご自身の個人情報が、名簿屋に流出しているかどうかをどうやって知るのでしょうか。携帯電話や固定電話に、頻繁に不動産投資や株式投資・在宅ワークなどの勧誘の電話がかかるようになったら、少し怪しいと思った方が良いでしょう。出来るなら電話を掛けた相手から聞き出すのが一番ですが、もし無理ならとにかく怪しい電話は出ないのが一番の策です。

このページの上へ↑戻る

【まとめ】

■クレジットカード情報を根掘り葉掘り聞いて来る現金化業者に対しては慎重になる必要があり、特にセキュリティコードや暗証番号は通常の通販ではまず聞かれないので答えない方が良いです。

■クレジットカード番号と個人情報が分かっていても、本人に成りすまして買い物すれば、カード会社から不審がられてカード利用停止になります。また、会員登録が必要なサイトの場合、既に会員になっている場合は成りすましは出来ません。

■個人情報保護法では個人情報を本人の同意や許可なく販売出来ません。もし、勧誘の電話が頻繁にかかってきても、出ないのが一番です。

このページの上へ↑戻る

ショッピング枠現金化|利用者の声

ショッピング枠現金化 利用体験談

北海道|匿名さん(会社員)

仲間同士でキャンプに行った時の話ですが、友人がドローンを持って来たので、皆で飛ばしに行こうと言う事になりました。操作に慣れていない私は木にドローンを激突させて、ばらばらに破壊してしまったのです。友人は気を使って弁償しなくて良いと言ってくれましたが、穏便に済ませたかったので弁償しようと思いました。

ドローンは10万円くらいしますが、今の私にはそのお金が用意出来ず、消費者金融から借入れしたくてもキャッシング枠を使い果たしていたのです。ショッピング枠現金化の存在を知ったのは、駅前に掲げている看板を発見したからです。最初は「カードでお金」と言うキャッチコピーを見て、クレジットカードを担保にお金を貸し付ける闇金業者だと勝手に思っていました。



実際に問い合わせてみると、商品を購入すると特典としてキャッシュバックが受け取れるサービスらしいです。商品は数珠など価値が特定しずらいものが多く、買取方式のように換金性の高い新幹線チケットを購入する訳では無いので、カード会社に現金化した事実はばれずに、即日で資金調達出来るサービスらしいのです。私は少し多めに20万円をショッピング枠現金化しましたが、枠はまだ余っているので安心感があります。その後、ドローンを弁償したので友人との人間関係も拗れずに済みました。

ショッピング枠現金化 体験裏話

東京都|匿名さん(主婦)

少しでも家計の足しになればとバイナリーオプションを始めました。最初はシグナルツールを使っていましたが、タイミングが合わず一日中監視していないといけないので、自動取引を辞めて裁量取引にしました。専門知識の無い私はセミナーで学ぶのが一番だと思いました。

バイナリーオプションのセミナーは20万円で、人気のセミナーなのですぐ申し込まないと席が埋まってしまうのです。夫にセミナー代を出してもらうのは悪いと思い、主婦だと総量規制により借入れが難しく、iPhoneで調べたらショッピング枠の現金化と言う現金調達の方法を発見しました。ショッピング枠現金化にはAmazonギフト券を買い取って換金するやり方や、来店して家電製品をクレジット決済で購入後に買い取って貰う方法もありました。しかし、換金性の高いものをクレジットカードで購入すれば、ひょっとしたらカード利用停止や強制退会もあり得ると思い、ショッピング枠現金化では一般的なキャッシュバック方式の現金化業者を選びました。



キャッシュバック方式なら商品を送り返す手間が無く、即日でスピード振込してくれるので緊急の出費で困った方にはお勧めです。ショッピング枠現金化のキャッシュバック方式でで何とかお金を工面できたので、セミナーに参加する事が出来ました。まずは月5万円を目標にして、取り組んで行こうと思います。

ショッピング枠現金化 体験レポート

埼玉県|匿名さん(フリーター)

1年ほど前に彼氏と別れたのですが、その男が目茶苦茶せこくて嫌な奴なんです。2年間付き合ったのですが、デート代の領収書をすべて取っておいて、別れる時に半額を請求して来ました。総額何と100万円です。本来なら支払わなくても良いお金なのですが、面倒な相手なので支払う事にしました。

貯金から70万円を何とか工面し、消費者金融から20万円を借金しましたが、どうしても後10万円が用意出来ません。スマホで即日でお金調達する方法を調べると、クレジットカードのショッピング枠現金化のサイトが目に留まりました。もう時間も無いのでショッピング枠現金化サービスを申込みました。



スマホで簡単に申込手続きが出来ると書かれていた通り、入力する項目も消費者金融に比べ数項目しか無く、最後に身分証の写メを業者宛に送信すればすべての手続きが完了します。振込までの時間も5分くらいなので、仕事中にトイレの中でも利用出来ます。早速10万円をATMから下し、100万円を耳をそろえて元彼に支払いました。かなり痛い出費でしたが、もう二度とこんな男に合わなくて済むので良かったと思っています。後は消費者金融から借りた20万円とショッピング枠現金化した10万円のリボ払い分をコツコツ返済して行くつもりです。

このページの上へ↑戻る

【コラム】個人情報保護方針がサイトに明記されていれば本当に安全?

ショッピング枠現金化 個人情報保護方針

昨今、個人情報保護については企業が様々な取り組みを行っています。その中でも代表的なのが個人情報保護方針(プライバシーポリシー)です。個人情報保護方針は個人情報に関しての自社のルールであり、個人情報保護法では自社サイトへ個人情報保護方針を明記する事を推奨しています。一部のショッピング枠現金化業者においては、個人情報保護方針を掲載している企業もあるみたいです。利用者にしてみれば個人情報保護方針が自社サイトに明記されていれば、何となく安心感が持てるメリットもあります。

 

但し、個人情報保護方針がWEBサイトに掲載されているからと言って、そのルールを順守しているかどうかは別問題です。また、個人情報保護方針とは個人情報の秘密を厳守すると言うルールでは無いので、誤解の無いようにして下さい。個人情報保護方針は自社が策定した方針なので、個人情報を第三者に販売すると明記する事も出来るのです。もし、以上の内容がWEBサイトに明記されていれば、利用者が取引後に個人情報の流出に気付き即座に辞めさせようとしても、WEBサイトの内容を良く確認せずに取引した利用者の責任になる可能性があります。

 

ショッピング枠現金化においては、個人情報保護方針がWEBサイトに明記されていなくても、それほど気にする必要は無いです。そんな事よりも約束通りの還元率だったり、迅速に振り込んでくれたと言う事実に勝るものは無いです。ショッピング枠現金化業者を選ぶ時は、ランキングサイトの口コミや体験談などを参考に選ぶ方が良いと思われます。

このページの上へ↑戻る